中級者

【ラスベガス在住プレイヤーが教える】敵のベットを防ぐ!ブロッカーの考え方

こんにちは。ラスベガス在住ポーカープレイヤー兼ディーラーのRYUです。ラスベガス滞在3ヶ月目にして合計500万円以上の賞金を獲得、優勝した実績があります。

 

今日はブロッカー理論を紹介します。

この記事のレベル

  • 対象  中級者
  • 重要度 ★★★★★

 ブロッカー理論を理解することで、タイミングがわからなかったブラフやアウトオブポジションのときのベットなど、適切にベットを打つことができるようになります!

 

ブロッカーによるブラフ、ブラフキャッチはフラッシュやストレート等が考えられるウェットボード、レンジがタイトなプレイヤーと対戦している際のハイボードにおいてとても有効です。

 

こんな人におすすめです!

ブラフするとき相手にブラフが通じているのか不安になる

・ウェットボード時のコール基準がわからない

それではどうぞ!

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

ブロッカーの概要

ブロッカーとは

トランプのカードは、当然ですが数字と記号の同じカードが2枚重複することはありません。

 

ポーカーにおいて自分のハンド2枚のカードは、当然敵プレイヤーが持っていないことから、相手のレンジから自分のハンド2枚のカードを削ることができます

 

例えば自分が を所持していた場合、相手の所持しているハンドにの可能性がなくなります。これをブロッカーと呼びます。

 

ブロッカーの効果

ブロッカーが具体的にどのように役に立つのか説明していきます。

 

ベストハンドに近いハンドだけでレイズを行うプレイヤーがいた場合、自分がAAを所持していたとします。このとき、ブロッカーの効果(=ブロック率)を考えてみましょう。

 

※例題に登場するコンボの意味がわからない場合は、過去のコンビナトリクスの記事をご参照ください。

【ラスベガス在住プレイヤーが教える】勝敗を分ける!?ポーカーで最も重要な概念コンビナトリクス

こんにちは。ラスベガス在住ポーカープレイヤー兼ディーラーのRYUです。ラスベガス滞在3ヶ月目にして合計500万円以上の賞金を獲得、優勝した実績があります。 今日はコンビナトリクスとは何かを紹介します。 ...

続きを見る

 

(例)

相手プレイヤーのハンドレンジが上記だったとします(AKs,AKo,QQ+)。

 

このときの相手プレイヤーのコンボは、

AKs  4コンボ

AKo 12コンボ

QQ+ 18コンボ

です(計算方法はコンビナトリクスの記事を参考)。

 

 

ところが、こちらがAAを持っているためAAがブロッカーになります。

 

AA2枚をブロックしたことにより、相手のコンボ数は

 

AKs  4コンボ→2コンボ

AKo 12コンボ→8コンボ

QQ+ 18コンボ→13コンボ

 

になりました。

 

ブロック前には34コンボ存在していた相手のレイズレンジを、AA2枚でブロックしているため、23コンボのおよそ3分の2に減らし、相手プレイヤーのレイズレンジを30%削ることができました。

 

このように、特に相手がベストハンドに近いレンジでゲームに参加しかつ、こちらが強いハンドを持っているときブロッカーは強い効果を発揮します。

 

ブロッカー理論の重要性をご理解いただいたところで、ブロッカー理論がブラフと、ブラフを防ぐ場合(=ブラフキャッチ)にどのように役立つのか、例題を出しながら解説していきます。

 

プリフロップで使えるブロッカー戦略

プリフロップでAKsが手札に来た場合に5ベットまで行くことがありますが、これには理由があります。

 

AKを所持しているということは、

相手のKK+,AKs,AKoをブロックしているため、相手のコールレンジを削ることができます。

KK+ 12コンボ→6コンボ 所持確率が50%減少

AKs 4コンボ→3コンボ 所持確率が25%減少

AKo 12コンボ→9コンボ 所持確率が25%減少

相手のコール、レイズレンジを24コンボのうち10コンボ(約40%)をブロックし、なおかつフォールドレンジはブロックしていないため相手のフォールドする確率が上がります。

 

ブロッカー理論の注意点

ブロッカーは相手の構築してるレンジに対して依存度が高いです。ブロッカー理論を用いてアクションを決定する場合は、常に相手の勝率やレイズorコールレンジをブロックして減らすだけで、相手のコンボ数を0にすることはできないことを念頭に置きましょう。

 

ブロッカーによるブラフキャッチ

ブロッカーを使うことにより相手のバリューを削り、ブラフの割合を増やしコールが可能になります。

 

ブラフキャッチの例題

例題

6Max 全員の所持チップ100BB 自分ポジションBB 手札 ♦Q♥To 

 

プリフロップ

UTGからフォールドで周り、BTNが3BBレイズ

SB フォールド

BB コール

 

フロップ ポット 6.5BB

5d Kd Ts

BB  チェック

BTN  レイズ 3.25(50%)

BB  コール 

 

ターン ポット 13BB

5d Kd Ts  ターン 3s 

BB  チェック

BTN  レイズ 6.5(50%)

BB  コール 

 

リバー ポット 26BB

5d Kd Ts 3s リバー Jd

BB  チェック

BTN  レイズ (70%)

BB  コール

 

解説

リバーでコールができる理由はバリューレンジを削るブロッカー効果がとても大きいからです。

今回のボードでは、ストレート、フラッシュの可能性を含むボードでウェットになっていますのでポットオーバーのレイズになるとストレート、フラッシュの可能性に焦点を当てます。

 
BBの視点

プリフロップでコーラーになったBBからみたBTNはAA~QQ、AK、AQ等などのハイカードが考えられるため、CBを打たれた場合フォールドすることは合理的なアクションと言えるでしょう。

 

ストレートの可能性

K dTs Jdを使えるQ9の所持、又はAQの所持が考えられます。

ですが、Qを所持しているため、32コンボの候補が24コンボになります。

更に、クローバーやスペードを所持していなかった場合にターンやリバーで打つのは厳しいので、ハートとクローバーの組み合わせとスーテッドのコンボを減らし、24→20

 
フラッシュの可能性

今回、フラッシュが可能なマークはクローバーになります。

トランプの同一マークは13枚、フラッシュは場に3枚あるため、13-3で10枚になります。フラッシュが完成するコンボは10C2=45通りになります。

ですが、今回は手札にクローバーがあるので4枚の確認がとれています。フラッシュが完成するコンボは、9C2=36通りになります。更に、BTNのプリフロップレンジは23s等が基本は含まれないので、20コンボ程度に下がります。

今回、コールができたのはBTNのフラッシュ、ストレート完成のバリューレンジコンボを削ることができたので打てました。

※注意

相手がコミュニティカードに依存せずワンペア等で突っ張る場合は、ストレートやフラッシュのブロッカーを考えても、ショウダウンでワンペアに負けるという落ちも考えられるため、自身の役の強さも考慮する必要があります。

 

ブロッカーによるブラフ

ブロッカーにより、相手が勝てなさそうな微妙なハンドの割合を増やし、降ろせないトップペア、ストレート等を削り、ブラフの必要成功率とのバランスを見て打ちます。

 

例題

6Max 全員の所持チップ100BB 自分ポジションBB 手札 ♦Q♣Jo 

プリフロップ

ATGからフォールドで周り、BTNが3BBレイズ

SB フォールド

BB リレイズ 12BB

BTN コール  

フロップ ポット 24.5BB

5d Ks Ts

BB   レイズ 12.25(50%)

BTN  コール 

ターン ポット 49BB

5d Ks Ts  ターン 3h 

BB  チェック

BTN  チェック

リバー ポット 49BB

5d Ks Ts 3h リバー 7c

BB  レイズ 51BB(102%)

BTN  フォールド

 

解説

リバーでブラフが打てた理由は、バリューを削り相手がフォールドする手札をブロックしていないためです。プリフロップでBTNがBBの3ベットにコールをしました。このプリフロップの時点で、KK+,AKs,AKoの可能性が低くなります。

 

フロップ時点では、レイズに対しコールを行っているのでセカンドセット(Tのスリーカード)の可能性も低くなりました。ターンではチェックバックでリバーに移行のため、ストレートドローやフラッシュドローの可能性も少しだけ下がりました。リバーでブラフを打ちました。

 

ストレートが見えるボードになりましたが、レンジで考えた時に46所持は可能性が低いので除外します。この時にKのスリーカード、Tのスリーカードは降りないですが、可能性はプリフロップからのシナリオを基に確率が低くなりますので除外できます。では降りないと思われるトップペアのKの可能性を考えます。

 

プリフロップからのシナリオでAKs,AKoはかなりないと考えられます。更にBTNのオープンレンジでは、K9o+,K2+がありますが、BBの3ベットに対してコールを行っていることを考えると、KJo+,KTs+と考えられます。

 

ブラフをする際に難関なKのワンペアのレンジを上記のKJo+,KTs+と考えると、KJo+は24コンボ(場にKが出ているため)から自身の手札のQJのブロッカーを使い18コンボになり、KTs+は11コンボ(Tが場に出ているため)からQJのブロッカーを使い8コンボになり、合計26コンボになります。

 

コールされて負けるパターンが多いと思ったKのワンペア(相手のバリュー)をブロックし、相手プレイヤーのフラッシュドローミス(♠)やAXでのミドルペア形成等のフォールドレンジをブロックしていません。

 

Kのワンペアのコンボ数をブロッカーによって減らすことで、相手のフォールドレンジはコールレンジを上回り、ブラフの成功率が50%を超えたのでポットベットのブラフを打つことができます。

 

※注意

広いレンジでコールをするプレイヤーに対してブロッカーを使ったブラフを行うと、マージナルなハンドでもコールされるため気をつけましょう。

 

まとめ

ブロッカーが有効な場面は大きく分けて二つ。ブラフ、ブラフキャッチはフラッシュやストレート等が考えられるウェットボード、レンジがタイトなプレイヤーと対戦している際のハイボードに効果抜群です。

 

ポイント

ブロッカーはレンジの確率を0に近づけるものであり0にはなりません過信は厳禁

相手のレンジに対する依存が高いので、使う際は相手プレイヤーを観察してからにしましょう

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

-中級者

© 2024 ポーカージム Powered by AFFINGER5