中級者

【ラスベガス在住プレイヤーが教える】連続してベット!コンティニュエーションベットを正しく理解しよう

こんにちは。ラスベガス在住ポーカープレイヤー兼ディーラーのRYUです。ラスベガス滞在3ヶ月目にして合計500万円以上の賞金を獲得、優勝した実績があります。

 

今日はコンティニューションベット(CB)を紹介します。

この記事のレベル

  • 対象  中級者
  • 重要度 ★★★★★

コンティニューションベット(CB)を行うことで、相手をゲームから降ろしゲームの勝率をあげることができます。

こんな人におすすめです!
・コンティニュエーションベットと普通のベットの違いがわからない
・コンティニュエーションベットが効果的なシチュエーションを知りたい

それではどうぞ!

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

コンティニュエーションベットの概要

コンティニュエーションベットとは

コンティニュエーションとは、日本訳で「継続」という意味です。
続けざまにベットを打ち続けること、すなわち前のラウンドでベット、もしくはレイズを最後に行ったプレイヤーが次のラウンドで続けてベットをすること
を指します。

海外のポーカー動画などでは、Continuation Bet(コンティニューションベット)と正式名称で表記されることは少なく、基本的にCB、もしくはCbetと表記されます。

 

注意!コンティニューエーションベットではないベット

コンティニュエーションベットに似ているけれども、コンティニュエーションベットとは呼ばない紛らわしいベットがあります。
どのようなシチュエーションのときにコンティニュエーションベットと呼ぶのか、そうではないのかを確認してみましょう。

 

(例)

3人テーブルで、プリフロップ時にBTNのプレイヤーがレイズ、SBフォールド、BBリレイズ(3Bet)しました。

 

そこでBTNのプレイヤーがコールしました。

 

 

フロップが開かれ、BBがチェック後にBTNがベットを行いました。

 

このシチュエーションの場合、BTNのアクションはコンティニュエーションベットになるのでしょうか?

実はこの場合、BTNのアクションはコンティニュエーションベットにはなりません。あくまで前のラウンドでレイズ、又はベットを最後に行ったプレイヤーが継続してベットを行うのがコンティニューションベットになります。

プリフロップのBTNの最後のアクションはコール→フロップのBTNの最初のアクションがベットで、コール→ベットと続いたため、コンティニュエーションベットではないのです。

 

コンティニューションベットのメリット

コンティニューションベットを行う理由は、下の大きく2つがあります。

 

1.相手をフォールドさせる

2.相手にゲームの主導権を与えない

 

それぞれ具体的なシチュエーションをまじえながら解説していきます。

 

相手をフォールドさせる

コンティニュエーションベットは、相手をフォールドさせ、エクイティを確保するのに有効なアクションです。

エクイティの確保とは、自分の勝率を維持すること。何も当たっていない相手のハイカードを降ろしてしまうということです。

プリフロップで相手がこちらのオープンレイズに対してリレイズをしてこなかった場合(=コールだった場合)、こちらより弱い手を持っている可能性が高いです。そのため、フロップで引き続きベットをすることで相手を降ろせる可能性があるのです。

 

具体例を見てみましょう。

 

例題

6人テーブルで、BTNの前までフォールドしている状況で、BTNがオープンレイズをしました。そこで、SBがフォールド、BBがコールしました。

 

 

フロップが開かれました。この時、BBはコーラーのためチェックし、アクションはBTNに移り、ベットをします。

 

そこでBBはフォールドし、BTNはポットを獲得できました。

 

この時、BBはQ8sのノーペアのためフォールドしましたが、実はBTNもAToのノーペアでした。

 

解説

BTNとBBはお互いノーペアでしたが、BTNがCBを行ったため、相手はフォールドしました。

これは、オリジナルレイザーであるBTN(プリフロップで最初にレイズアクションを行ったプレイヤーのこと)は、レンジの上限が推測できない(=レンジキャップがない)のに対し、BBはコールをしているため、強いハンドは持っていないだろうと推測されたことから、フロップ後も引き続きコンティニュエーションベットを行ったことで、BBがゲームについていくのを阻止したのです。

具体的に各プレイヤーの視点を見てみましょう。

 

BBの視点

プリフロップでコーラーになったBBからみたBTNはAA~QQ、AK、AQ等などのハイカードが考えられるため、CBを打たれた場合フォールドすることは合理的なアクションと言えるでしょう。

 

BTNの視点

BTNのオープンレイズに対し、BBがコールで返したことから、BBのレンジはキャップされています(=レンジの上限が推測される)が、かといってBBのレンジをこの時点で絞り切ることができません。


BTNはノーペアですがフロップ時点でペアが成立する確率は約30%なので、BB側も3回に2回はノーペアになります。
ということはCBを打ちベストハンドを持っていることを主張する(実際に持っているとは限らない)ことで、相手をフォールドさせるという目的が十分実現できるということになります。

相手をフォールドさせることにより、ターンやリバーにおいて、相手に起こりうるツーペアやスリーカードの実現を0%にできます。

 

注)相手プレイヤーがセカンドペアやノーペアでタフコール(=リバーで相手のベットorレイズに対し、勝てそうにない微妙なハンドでコールすること。)をするルースなプレイヤーの場合は想像外の手札が現れることがあるため、ブラフをするときは相手のコール頻度を考慮しましょう。

 

相手にゲームの主導権を与えない

ポーカーでは前ラウンドの最後にレイズorベットを行ったプレイヤーより先にベット、レイズを行うアクションをドンクベットと呼びます。ドンクベットは判断が難しいアクションですので、滅多に行われないアクションになります。

相手に先にベットを打たれるドンクベットが発生しづらいことを考えると、コンティニュエーションベットが行えるシチュエーションは数多いです。

コンティニュエーションベットは相手を脅かすアクションです。コンティニュエーションベットを行うことで、ゲームの主導権を握り、都合が良い時はベット、都合が悪い時はチェックをして次のカード(=フリーカード)を見ることができるので、自分の役を成長させる可能性を高めることができます。

 

このように、コンティニュエーションベットを行うことで、こちらがゲームを主導することができます。

 

例題

 

6人テーブルで、BTNの前までフォールドしている状況でBTNがオープンレイズをしました。SBがフォールドし、BBがコールしました。

 

 

フロップが開かれ、BBはコーラーのためチェック。アクションはBTNに移り、ベットをします。

 

BBがコールしました。

 

ターンで2sが出ました。そこでBBはコーラーのためチェックし、BTNにアクションが移りチェックしました。

 

リバーでAdが出ました。BBがチェックし、BTNもチェック。ショーダウンに移ります。

 

ショーダウンすると、BTNの手札はJ9o、BBの手札はA6oとなり、BTNがノーペア、BBがAのワンペアのためBBがポットを獲得しました。

 

解説

フロップでBBがチェック後に、BTNがベット(CB)をしましたが、BBはこれにコールしました。これは、BTNのCBに対し、BBはバックドアストレートドローとバックドアフラッシュドローのチャンスがあったからだと考えられます。

そこで、BTNのCBに対してコールを行ったBBにブラフベットは通じないと感じ、BTNはチェックバックします。

リバーでBBがチェック後にBTNもチェックバック。BBは最後にAのワンペアを完成させ、BBのショウダウンバリューが生まれました。ですがBTNがフラッシュを完成させていたら、BBは負けてしまう状況です。なので、BBはBTNに対してチェックし、BTNは役が無いのでチェックバックしました。

 

このように、BTNはコンティニュエーションベットとチェックをおりまぜることで、ボードとハンドの絡みを考えながらポットをコントロールしていきました。結果としてBTNは負けてしまいましたが、チェックを重ねたことでそこまで大きな損失を生まずにすみました。

 

このように、コンティニュエーションベットを行うことでゲームの主導権を握ることができるようになります。

注)相手のチェックを弱いアクションと決めつけて、ブラフベットを行うブラファーやドンクベットを理解していない初心者相手には、その相手が強い役を完成させた場合、こちらがチェックすることで、相手側のチップを引き出すことができます。

 

コンティニューションのデメリット

フロップが開かれた際に345のストレートが絡みやすいボードや2dTd6dのようなフラッシュが絡みやすい「ウェットボード」はドローが複数存在しているため、CBの効き目が薄く、適さないです。

相手がBBだった場合のローボードフロップもまた、BBのレンジに有利なためこれも適さないです。

コンティニュエーションベットは、ボードとの絡みから適切に判断して行うことが非常に重要です。

 

ダブルバレル・トリプルバレル

フロップで継続するベットはコンティニューションベット、ここから更にターンで続けて打てばダブルバレル、リバーまで続けて打てばトリプルバレルと言います。

一貫して強気の姿勢を見せて、ベストハンドだと主張することです。しかし、相手にブラフと見抜かれる、もしくは相手に相当強いハンドが入っている場合、損失が大きくなる可能性のある、ハイリスク・ハイリターンのアクションです。

 

コンティニュエーションベットを打ったにも関わらずコールしてくるプレイヤーは何かしらの根拠があってコールしています。
ワンペアができている、ミドルペアを持っている、コンティニュエーションベットだと疑ってコールしてきているなどです。

ダブルバレルは、ボトムヒットやセカンドヒット、ミドルペア、たとえトップヒットしている相手にも、再度強さを主張して相手を降ろせる可能性があります。

これもボードの絡みを読むことが重要で、ターンでAやKが落ちれば、相手にとってスケアカードである可能性が高いので、セカンドバレルを成功させるチャンスです。

ターンで落ちたカードが、自分のハンドを成長させるように見えるカードであれば、恐れず2度目を打ちましょう。

 

まとめ

 コンティニューションベットを打つことで、相手をゲームから降ろしエクイティを確保することができます。コンティニュエーションベットと見抜かれてしまうと、相手がゲームを降りてくれないこともあるので、ボードとの絡みから自身のコンティニュエーションベットに説得性を持たせましょう

 

ポイント

・コンティニュエーションベットを行うことでゲームを主導することができる

・コンティニュエーションベットはエクイティを確保するのに役立つがタフコールしてくる人には注意

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

-中級者

© 2024 ポーカージム Powered by AFFINGER5