中級者

【ラスベガス在住プレイヤーが教える】勘違いしやすい!正しいドンクベットのしかた

こんにちは。ラスベガス在住ポーカープレイヤー兼ディーラーのRYUです。ラスベガス滞在3ヶ月目にして合計500万円以上の賞金を獲得、優勝した実績があります。


今日の記事では、ドンクベットが有用な場面、ドンクベットを行うときに注意すべき点をご紹介します。

この記事のレベル

  • 対象  中級者
  • 重要度 ★★★★★

ドンクベットの概念を正しく覚え、ドンクベットを行うべき場面、注意すべき場面をしっかり理解しましょう。


ドンクベットを覚えれば、プレイの引き出しを増やすことができます。    

 

こんな人におすすめです!
・コーラーになったら強い役を持っていても必ずチェックをしている
・プレイの引き出しを増やしたい 
  

それではどうぞ!      

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

 

ドンクベットとは

前のラウンドで最後にべット(レイズ)を行ったプレイヤーより先に、次のラウンドで先にべット(レイズ)を行うことをドンクベットと言います。

例えば、BTNまでフォールドで周り、BTNが3BBのオープンレイズ、SBがフォールドし、BBがコールしました。プリフロップにおいて、ボタンは自分のハンドが強いと主張している(=アグレッションを見せる)ことがわかります。一方BBはコールで入ったので、強気な主張はしていません。

 

ところが、フロップが開かれ、ボタンより先にBBがベットしました。つまり、先ほどプリフロップ時点でボタンがアグレッションを見せたにもかかわらず、BBはこのタイミングで自分のハンドが強いと主張したことになります。

前ラウンドでべット(レイズ)を行ったボタンより先に、次のラウンドで先にBBがべットを行いました。このBBのアクションをドンクベットと呼びます。

ドンクベットが推奨されない理由2選

ドンクべットが推奨されていない理由は単純で、①バリューが取れない②ブラフが通じないの2つ大きな理由があります。

①バリューが取れない

ドンクベットを行ったプレイヤーは、実際にフロップまたはリバーで強い役が完成したとします。


ドンクベットはかなり強いアグレッションを見せるアクションです。



すると他プレイヤーを警戒させ、フォールドされてしまう可能性があります。


するとドンクベットを行ったプレイヤーは、せっかく強い役が完成しているのにも関わらず、バリューが取れなくなってしまいます


バリューが取れない理由をさらに厳密に説明すると、プリフロップでアグレッションを見せたプレイヤーはコンティニュエーションベット(=連続してアグレッシブにべットorレイズすること、略称CB)を打ってくる確率が非常に高いからです。

 

というのも、フロップが開かれていない状況でアグレッションを見せるということは、AA,AK,KK,ペアなどの強い役を持っている可能性が高く、フロップに関わらず勝負を継続する場合が多いからです。

例えば、ドンクベットを行ったプレイヤーで、強い役が完成していたとして、他プレイヤーXは「もともとCBを打つ予定だったけれど現状Kハイだから降りておくか…」となるわけです。

 

また、注意が必要な点として、例えばK8を持っていて、ボードにKが落ちてトップヒットしたような状況でドンクべットを打ってしまうと、自分より弱い役が完成しているプレイヤー(下のポケットペアやAハイ)に降りられて、自分より強い役が完成しているプレイヤー(Kの8より良いキッカーや、AA)にコールまたはレイズされてしまいます。

 

K8程度では、ナッツになる可能性が低いからです。

 

②ブラフが通じない

ブラフとしてドンクベットを打つ場合はレンジに対する深い理解が必要になります。

 

レンジに対する深い理解がないまま、何も考えずブラフとしてドンクべットを打つことはよくありません。


相手がプリフロップでアグレッションを見せている以上、特定の状況を除いてチェックを行う方が結果として利益的なアクションに繋がります。

 

相手の情報を得、かつ自分の情報を相手に与えないためにも、ポーカーを始めたばかりの初心者はアグレッシブなプレイヤーでない限り、ドンクべットを打つのは避けましょう

 

ブラフを用いたドンクベットは、上級編で詳しくご説明します。

 

レンジに基づいたドンクベットの考え方

シチュエーション

先ほど挙げたBTN vs BBの例を利用して、レンジに基づいたドンクベットを考えてみましょう。

 


プリフロップで3BBのオープンレイズを行ったボタンは、当然強いハンドを持っている可能性があります。

 

例えばハンドAAを持っている可能性も十分考えられます。今上の図では、ボタンがAAを持っていると仮定しましょう。

 

それに対し、BBはコールで入ったので弱気なアクションです。

 

 

ところがBBはフロップでボタンより先にべットという強気なアクションを行いました。

 

しかしこのドンクベットを行ったBBはプリフロップでコールをしている、すなわち弱気なアクションを行ったため、BBはハンドAAを持っている可能性は無いと考えられます。

 

このように、ハンドレンジの上限が推測されてしまうことをレンジキャップと呼びます。

 

この場合、BBのドンクべットは正しいアクションだったと言えるのでしょうか。実際にこのシチュエーションに基づいたSnowieのレンジ表で見てみましょう。

 

レンジ表

プリフロップ

BTNのレンジ

 

BBがBTNのレイズに直面したレンジ  

BTNのレンジはA4o+、9T+、A2s+、K2s+,22+等が考えられます。


ですが、BBはコールのため、AKo、ATs+、TJs+、66+等がキャップされます。

 

ですが、キャップされているからこそ、ローボードの時にドンクベットが可能な時があります。


BTN オープンレイザー、BBコールのシチュエーションで、フロップに3h、2c、5dが落ちた時のBB側のアクションを見ます。

Snowieのレンジで約35%のみドンクベットを推奨しているため、そこまで推奨されないことが分かります。  

 

今回のシチュエーションでドンクベットが正当だったか否かを検証しましたが、同じシチュエーションになることは当然稀ですので、ドンクベットを使用すべきタイミングまでは分かることができません。

 

ですが、レンジがキャップされている中でレンジが有利になった際に、ドンクベットは打ちやすいということを覚えておきましょう。


例えば、あと1枚でストレートが完成するコネクティッドローボード、セカンド、サードペアのカードがターンやリバーで重なり、コーラー側にスリーカードの可能性をはらんだ場合などが代表的です。

 

ドンクべットがNGな代表例2選

①トップペアを持っていた場合

レンジを考慮せずにやると痛い目に... トップペアだから!(トップペアの場合、レンジの関係上、キッカー負け等が起こりやすい)

 

②ローボードの場合

(ローボードでもドンクがダメな場合があります。レンジの関係性を考えましょう)
ドンクベットは自身の手札でも左右されますが、多くの判断要素は相手のレンジとコミュニティカードの相談です。  

 

まとめ

ドンクベットは必ず使えるシチュエーションがあると言うことはできません。

 

ですが、レンジ対レンジを意識していると1000ハンドに1回ほど、レンジの関係性が逆転し、「ドンクベットができるかもしれない」と感じるシチュエーションに遭遇することがあります。

 

ドンクベットを行うためにレンジを意識すると、今まで意識していなかった相手のレンジをよく考えるようになります。

 

ドンクべットを行わず、チェックで回したとしても大きな損失に繋がりにくいですが、ドンクベットをミスした時のデメリットはかなり大きいです。

 

初心者〜中級者のうちはドンクベットは行わず、まずはドンクベットの概念を理解しておきましょう。

ポイント

・ドンクベットは初心者のうちは避けよう

・レンジを理解していれば、ドンクベットが有効な場合がある

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

 

-中級者

© 2024 ポーカージム Powered by AFFINGER5