中級者

【ラスベガス在住プレイヤー愛用!】おすすめエクイティ計算ツール2選

こんにちは。ポーカートレーニングジム代表のRYUです。

今日はエクイティとは何か、またおすすめのエクイティツール2選を紹介します。

この記事のレベル

  • 対象  中級者
  • 重要度 ★★★★★

 

エクイティを理解することで、初心者であればポーカーの試合中継で表示されている数値の意味がわかるようになります。

中級者以上であれば、エクイティツールを利用して、気になったシチュエーションで自身のアクションが正しかったかどうか、その正当性を確認することができるようになります。

 

こんな人におすすめです!

・エクイティと期待値の違いがよくわからない

・おすすめのエクイティツールを知りたい 

 

それではどうぞ!  

 

ポーカートレーニングジムでは、ラスベガス在住ポーカープレイヤーによる6ヶ月ポーカーマスターコースを開講中!詳しくはこちら

 

エクイティとは

エクイティの概要

ポットに集まったチップのうち、現時点で自分がシェアしているチップの割合をエクイティと呼びます。

勝率(%)をそのままエクイティと呼ぶ場合もあります(ポーカーの試合中に%で現れる数字)。そのため、エクイティを計算するには勝率を理解しておくことが必要です。

 

エクイティは下記の通りに計算すると求まります。

エクイティ=ポットサイズ×勝率

 

(例題)

ポットが100、勝率80%のハンドを持っていた時のエクイティは、

100(ポットサイズ)×0.8(勝率80%)=80ドルになり、相手のエクイティは20ドルになります。

 

エクイティを算出するときの注意点

ポーカーは不完全情報ゲーム。相手ハンドを盗み見しない限り、相手ハンドを一つに絞り出すことはほぼ不可能です。そのためエクイティを算出する際には、相手のハンドレンジ(ハンドの幅)を基に考えることが重要です。

 

試合中に対レンジでエクイティを算出することは、複数のハンドパターンの各勝率・エクイティを計算することと同義ですから、トッププレイヤーで無い限り不可能です。

 

そのため、試合後に自分が気になったシチュエーション(ボードのカード、自身の手札、相手のカード、ポジション等)を、下で紹介するアプリを使ってエクイティ解析を行ってみましょう。解析にかけることで自身のアクションの正当性を勝率・エクイティから振り返ることができます!

 

 

エクイティとEV(期待値)の違い

エクイティとは、ゲームのある時点での勝率、またはシェアチップを指します。

期待値とは、ゲームに負けた場合に失うチップ量、またはゲームに勝った場合に得られるだろうチップ量を指します。

 

エクイティはゲームの途中時点の純粋な勝率を指しますが、期待値はプレイヤーが戦略を立てる上での指標と考えるとわかりやすいでしょう。

 

エクイティ早見表

先ほど説明したとおり、試合中にエクイティをその場で算出することは難しいです。
初めは頻繁に利用される必要エクイティを覚えましょう

ベット額 必要エクイティ
2ポットベット 40%
ポットベット 33%
ポット2/3ベット 29%
ハーフポットベット 25%
ポット1/3ベット 20%

 

 

エクイティを調べるのに便利なアプリ2選

Equilab(エクイラボ)

エクイラボはドイツで生まれたwindows専用アプリで、windowsユーザーであれば、誰でも無料で利用できます。

引用:Equilab利用マニュアル http://www.power-equilab.com/Manual/Manual.htm

Aにそれぞれのポジションのハンドを入力、Bにボードに出たカード、Cで入力と押すと、Dに勝率・エクイティを表示させることができる便利なツールです。

 

エクイラボの最大の特徴として、相手が持ちうるだろう複数のハンドに対する勝率・エクイティも予測して計算することができます

 

例えば自身のハンドがQQ、ボードにKQTが落ちているとします。

そこで相手がKK,TT,JJのいずれかを持っている場合のそれぞれの勝率・エクイティも計算することができます。相手が持ちうるハンドレンジに対して、大まかな勝率・エクイティを計算できることは、意思決定を下す上で非常に頼りになる機能です。

ダウンロードはこちら

 

Poker Cruncher(ポーカークランチャー)

PokerCruncherは、iPhoneでも、アンドロイドでも利用することができるアプリです。
ただし1,600円の課金が必要となります。
調べたレンジの保存や、エクイラボ同様、レンジ同士の勝率がわかるため便利です。
携帯でエクイティをすぐに調べたい方におすすめです。

引用:PokerCruncher https://apps.apple.com/jp/app/pokercruncher-advanced-odds/id294379237

ダウンロードはこちら

 

実際にエクイラボを使ってみた!

実際にエクイラボを使って、自分のアクションが正しかったかどうか、解析にかけてみましょう。
まずは下のシチュエーションを考えてみます。

 

(敵:SBのハンド)

(自分:BBのハンド)

(フロップ)

 

オープンレイザーのSBがレイズしてきました。BBの自分はコールすべきか、はたまたフォールドすべきか悩みました。しかし相手のハンドレンジを22+、A2s+、A2o+と仮定し、また相手がタイトであると考えフォールドしました。このアクションが正当なのかどうかエクイティを使って確認してみました。

 

まずはこのデータをエクイラボに入力します。

 

エクイティを計算する場合は、レンジで求めることがポイントでしたね。SBのレンジを絞らなければ、フロップ時点でBBのエクイティが約46%と十分足りるのでコールと考えられます。

 

しかし、SBのレンジを22+、A2s+、A2o+に絞ったらどうでしょうか。

 

SBに22+、A2s+、A2o+を入力すると、BBのエクイティは約12%になりました。この場合BBがポットの12%をシェアしており、残りをSBがシェアしているということになります。エクイティが12%と不足していることから、フォールドが正当化されるとわかりました。

 

まとめ

エクイティを理解すること、エクイティツールを利用することによって、自分のアクションを客観的に分析することができるようになります。エクイティは相手のレンジが狭いほど数値が低く広いほど数値が高く出ることに気付くようになると、徐々に解析の楽しさがわかってくると思います。

 

ぜひ紹介したエクイティツールを使って解析を行ってみましょう!

 

ポイント

・エクイティツールは2種類。
パソコンであればエクイラボ、携帯であればポーカークランチャーがおすすめ

・エクイティツールを使って自身のハンドの振り返りを行おう

 

ポーカートレーニングジムでは、ラスベガス在住ポーカープレイヤーによる6ヶ月ポーカーマスターコースを開講中!詳しくはこちら

 

-中級者

© 2024 ポーカージム Powered by AFFINGER5