初心者

完全網羅!プリフロップチャート【ダウンロード可能】

こんにちは。ラスベガス在住ポーカープレイヤー兼ディーラーのRYUです。ラスベガス滞在3ヶ月目にして合計500万円以上の賞金を獲得、優勝した実績があります。

 

今日は最強ポーカー解析ツールGTOが示す「プリフロップチャート」を、初心者が使いやすいようRYUが改変したものを紹介します。

この記事のレベル

  • 対象 初心者
  • 重要度 ★★★★★

皆さんはプリフロップ時に、何のハンドで参加すればよいのか、何のハンドでフォールドすればよいのか迷うときはありませんか?

 

そこで役に立つのがプリフロップチャート表です。  

 

プリフロップチャートとは、自分のハンドに対して、プリフロップ時で行うべきアクションをポジションごとに一覧化したものになります。  

 

今回は、最強ポーカー解析ツールGTOが示す「プリフロップチャートを、初心者が使いやすいようRYUが改変したものを紹介します。  

 

実際にダウンロードして使えるので、戦う際に手元に置いてみながらプレイしてみましょう。

 

こんな人におすすめです!

・プリフロップ時にとるべき基本的なアクションを知りたい

・プリフロップで対戦相手をうまく降ろしたい

・プリフロップチャートをダウンロードして実際に使ってみたい

 

それではどうぞ!

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

なぜプリフロップチャートを理解することが重要なのか

プリフロップチャートとは、自分のハンドに対してプリフロップ時で行うべきアクションをポジションごとに一覧化したものです。

 

プリフロップチャートを理解することで、強いハンドでゲームに参加し、対戦プレイヤーを降参させ勝率を上げるためです。  

 

詳しく説明していきます。

プリフロップ時に行うアクションとして、下3つが考えられます。  

 

・レイズ(一番最初にべットorレイズをすることをオープンレイズと呼ぶ)

・コール(プリフロップ時にBBの額に合わせてベットを行うことをリンプインと呼ぶ)

・フォールド  

 

になります。ところが、基本的にプリフロップではコールというアクションは推奨されていません。

 

というのは勝率表を見て分かる通り、例えば最強ハンドAAを持っていても、ヘッズアップ(2人対戦)から9人対戦になると、勝率が約80%→30%まで下がります

 

すなわち、

プリフロップ時に他プレイヤーをなるべく降参させてゲーム参加人数を減らす

=自分は強いカードを持っていることを主張する

レイズすることが重要になるからです。

 

コールをしてしまうと、弱気であると捉えられて、後ろのプレイヤーが参加しやすくなってしまうからですね。  

 

プリフロップチャートは実際にダウンロードして使えるので、戦う際に手元に置いてみながらプレイしてみましょう。  

 

ポジションによってレンジが変わる!

プリフロップチャートを活用する際、ポジションによってレンジが変わることに注意してください。ポジションの記事はコチラ

 

例えば10人対戦のとき、いちばん最後にアクションする人は、いちばん最初にアクションする人に比べて、前9人のアクションの情報を得られるため、圧倒的に有利です。  

 

 

そのため、ポジションが前の場合は不利なポジションのため手堅いハンド(=狭いハンドレンジ)、ポジションが後ろの場合は有利なポジションのため手広いハンド(=広いハンドレンジ)で参加することが一般的です。

 

プリフロップチャートの種類

オープンレイズ表

オープンレイズ表は、プリフロップで自分がいちばん最初にベット(レイズ)をしてゲームに参加することを指し、別名RFI(Raise First In)とも呼びます。

 

ポジションごとにオープンレイズすべきハンドと、フォールドすべきハンド、そしてオープンレイズするときの適正ベット額が示されています。

 

ちなみに、ブラインド同士が残って戦っている場合は特殊で、スモールブラインドがコールをして参加する場合もあります。

 

3bet/callレンジ表

3bet/callレンジ表は、対戦プレイヤーがオープンレイズをした場合に、自身は相手に対してレイズ(3bet)かコールを選択すべきかを示しています。

 

チャートはそれぞれAvsBと示されており、Aは自分のポジション、Bは相手のポジションを指しています。

 

〇〇vs3bet表

〇〇vs3bet表は、自分のオープンレイズに対戦プレイヤーが3betを返してきたときに、自分がレイズ(4bet)かコールで返すべきかを表します。

 

〇〇の部分には自分のポジションが当てはまり、vs3bet側にはそれぞれ相手のポジションが当てはまります。

 

今回のチャート表の紹介では、情報量が莫大となるため〇〇vs3bet表は省略しています。

 

見てみたいときはGTOツールを活用してみましょう!GTOの記事はコチラ

 

オープンレイズ表

ポジション別のオープンレイズ表を紹介します。

初心者でもわかりやすいように、GTOが示す50%以上か否かの判定でアクションを表示しています。

簡易版となることをご了承ください。

 

オープンレイズ表のダウンロードはこちら.pdf

 

①アーリーポジション

 

②ミドルポジション(ハイジャック)

 

 ③レイトポジション(カットオフ)

 

 ④レイトポジション(ボタン)

 

⑤ライブブラインド(スモールブラインド)

ライブブラインドのポジションは、強制参加費を支払っているため、前のプレイヤーが降りている状況でしたら、弱いハンドでも積極的にオープンレイズして参加費を取り戻す気概で戦いましょう。

 

ちなみにBBのオープンレンジ表がないのは、BBの前のプレイヤーが全員降りている=必然的にBBの勝利となるからです。

 

オープンレンジ表のダウンロードはこちら.pdf

 

3bet/コールレンジ表

ポジション別のコールレンジ表を紹介します。

 

コールレンジ表のダウンロードはコチラ(準備中)

 

①ハイジャックvsアンダーザガン

 

②カットオフvsアンダーザガン

 

③ボタンvsアンダーザガン

 

 ④スモールブラインドvsアンダーザガン

 

⑤ビッグブラインドvsアンダーザガン

 

⑥カットオフvsハイジャック

 

⑦ボタンvsハイジャック

 

⑧ビッグブラインドvsハイジャック

 

⑨ボタンvsカットオフ

 

⑩スモールブラインドvsカットオフ

 

⑪ビッグブラインドvsカットオフ

 

⑫スモールブラインドvsボタン

 

⑬ビッグブラインドvsボタン

 

⑭スモールブラインドvsビッグブラインド

 

コールレンジ表のダウンロードはコチラ(準備中)

 

まとめ

プリフロップチャートはいかがだったでしょうか?

ポイント

・プリフロップ時には対戦人数を絞って戦うと勝率があがる

・プリフロップ時にアグレッション(攻撃性)を見せてゲームに参加することが大事

・レイトポジションは幅広いレンジでゲームに参加すること

プリフロップチャートを知ることで、ゲーム開始時に周りのライバルに差をつけられますので、ぜひ覚えてみてください!

 

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

-初心者

© 2024 ポーカージム Powered by AFFINGER5