中級者

【ポーカープレイヤーならマストで理解すべし!】オッズとアウツの計算方法

こんにちは。ラスベガス在住ポーカープレイヤー兼ディーラーのRYUです。ラスベガス滞在3ヶ月目にして合計500万円以上の賞金を獲得、優勝した実績があります。

 

今日は「オッズとアウツ」の計算方法を紹介します。

 

※著作権はポーカートレーニングジムに帰属しています。無断転載・コピーはお控えください。

この記事のレベル

  • 対象  中級者
  • 重要度 ★★★★★

オッズとは、期待値がプラスになるのかマイナスになるのかを判断する考えを指します。

 

アウツとは、オッズがあるのかどうかを判断する場合に、ボードに出ているカードから出ていないカードの確率を考える概念です。

 

オッズとアウツの概念を理解することで、自分のアクションは期待値プラスの行動なのか判断することができます。

 

こんな人におすすめです!

・いつもなんとなくでベット額を決めている

・きちんと論理的にポーカーを打ちたい 

 

それではどうぞ!  

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

オッズとは

オッズとは「賭けたチップが何倍になって返ってくるか、その予想倍率」を指します。


これは競馬で用いられるオッズと同じ意味です。

 

例えばある馬券を300円で購入した際に、オッズが5倍だとします。


するとこの馬券が的中すれば、300×5=1,500円が返ってくるという計算です。

 

ポーカーでも同様、このオッズの考え方が用いられます。


テーブルに集まったポット額に対し、自分がどのくらいの額を賭けた場合に、何倍になって返ってくるかを計算することができるのです。

 

オッズを理解することで、自分が勝った場合のリターンを数学的に計算できるようになります。

 

オッズの計算方法

オッズは、下記の計算方法で求めることができます。

 

オッズ=(現在のポット額+相手のベット額+コール必要額)/コール必要額

 

(例題)

ポットに100ドルがある時に相手から50ドルのベットが飛んできました。


そこで、50ドルでコールしました。

 

このときのオッズ額は、


4=100(ポット)+50(相手のベット)+50(自分のコール額)/50(自分のコール額)。


4であるとわかります。

 

オッズが役立つ場面

オッズの考えを活用したものに、「必要勝率・目標勝率(=エクイティ)」という考えがあります。


※エクイティの解説は下の記事で解説しています。

【ラスベガス在住ポーカープレイヤー】リアルな1日ルーティンを公開!

こんにちは。ラスベガス在住ポーカープレイヤーのRyuです。 今日は実際にラスベガス在住のポーカープレイヤーがどのような1日ルーティンを過ごしているのか?を紹介します。   ※著作権はポーカー ...

続きを見る

 

「必要勝率・目標勝率」は、リスクと得られうるリターンを比較検討する際に使われる考えです。

 

リスクが生じうる確率(=必要勝率)と、リターンが生じうる確率(=目標勝率、エクイティ)とを比較して、リターンが生じうる確率の方が高かった場合、その勝負に賭けるということです。

 

例えば60%の勝負で勝ち、40%の勝負で負けるゲームがあれば、勝負に乗るということですね。


(1回目は負けても100回ゲームを繰り返せば勝ちに収束し、リターン>リスクになるため)

 

数式で表すと、

 

必要勝率=リスク/(リスク+リターン)

 

という式で計算できます。

 

例えば、ポットに100ドルあり、60ドルのオールインをされた時、コールする場合60ドルを支払わなければなりません。

 

この勝負に勝てば160ドルを得る可能性がありますし、負ければ支払った60ドルを失う可能性があります。

 

ここで必要勝率は

必要勝率=リスク÷(リスク+リターン)

25%=60/(60+160)

 

目標勝率は、

仮にAAを2枚持っている場合、80%程度になります。

 

目標勝率80%>必要勝率25%で上回っているため、勝負に乗るということです。


これを「オッズが合う」と一般的に呼びます。

 

ちなみに必要勝率は、必要勝率=100÷オッズで簡単に求めることができます。

 

今回はオッズが4倍なので、100÷4=25% と同じ計算となります。

 

必要勝率早見表

ポーカーを覚えて間もない初心者は、必要勝率を頭の中で瞬時に算出し、アクションに反映させるのは正直難しいです。


そのため初めは必要勝率をある程度覚え、慣れてきた段階で計算を行ってみましょう

 

早見表 必要勝率
ポット1/3ベット 20%
ハーフポットベット 25%
ポット2/3ベット 29%
ポットベット 33%
2ポットベット 40%

 

 

アウツ

アウツとは、特定のカードが出れば相手に逆転することができるカードが何枚あるかを指します。

 

アウツを理解することで、役の完成しうる確率(=フラッシュドローやストレートドローなどの確率)がわかり、そこで自分はコールすべきなのか、またはフォールドすべきなのかを検討することができるようになります。

 

(ボード)

(手札)

 

の場合を考えてみましょう。

 

この時、あとハートが1枚落ちればフラッシュが完成するという状況(=フラッシュドロー)です。

 

ハートのカードの枚数合計=13枚
見えているハートのカードの枚数合計=4枚

 

このときのアウツは、残りのハートカードの枚数合計=13-4=9枚になります。

 

この9枚のうち少なくともあと1枚がテーブルに出れば、フラッシュドローがフラッシュになるということですね。

 

役の完成確率を簡単に求める!2%と4%の法則

役が完成しうる確率を大まかに求める方法として、2%と4%の法則があります

 

リバー(残りのカードを見るチャンスが後1回)の時は2%、ターン(残りのカードを見るチャンスが後2回)の場合は4%を利用します。

 

アウツ枚数×2%or4%をかけることで、役が完成しうる大まかな確率がわかります

 

具体的な計算方法を見てみましょう。

 

先ほどの

(ボード)

(手札)

では、

 

フラッシュを完成しうるアウツの枚数が9枚でしたね。

ターン(=4枚目のカードがめくられる時)は、
9(アウツ)×4%=約36%

 

リバー(5枚目のカードがめくられる時)は、
9(アウツ)×2%=約18% 

 

とわかります。

アウツを覚えるポイント

初心者のうちは、先ほど紹介した必要勝率の計算同様、即時に計算するのは難しいため、大まかな役の完成しうる確率(ストレート・フラッシュの生じる確率)を覚え、徐々に慣れてきたら計算してみるのがおすすめです。

 

アウツ枚数 ターンorリバー ターンとリバー
15枚 31.9% 51.9% オープンエンドストレートドロー+フラッシュドロー
12枚 25.5% 45% ガットショットストレート+フラッ シュドロー
9枚 19.1% 35.0% フラッシュドロー
8枚 17.0% 31.5% オープンエンドストレートドロー
6枚 12.8% 24.1% 2オーバー
4枚 8.5% 16.5% ガットショットス トレートドロー、2ペアがフルハウス
3枚 6.4% 12.5% 1オーバー
2枚 4.3% 8.4% ペアがスリーカードになる
1枚 2.10% 4.30% スリーカードが フォーカードになる、 etc…

 

この表の中から自分が気になっている役のアウツ表を数種類覚え、余裕が出てきたら計算を取り入れるとスムーズに習得できると思います。

 

2%と4%の法則の欠点

2%と4%はアウツ枚数が8枚を超えたあたりから実際の勝率から少しだけ離れてしまいます


アウツが10枚以上の場合はオーバーコールに気をつけましょう。

     

アウツを役立てる方法

アウツがフラッシュやストレートを完成させ、より強い役を完成させる時は、アウツの確率=勝率という場面が多くあります。

 

フラッシュドローの時にアウツが9枚あると、勝率が2%と4%の法則によりターンまでにフラッシュを引ける確率が約18%、もしくはリバーまでに引ける確率が約36%になりました。

 

リバーまでついて行くのであれば、必要勝率が36%なのでポットベットまでは耐えられますが、 相手が打つ時は強いハンドを持っていると仮定するのであれば、ターンまで。

 

つまり1回のドローで必要勝率が18%のため、1/4~1/3ポットベットまでは耐えられます。

 

役が完成しそうな状況でなくとも、アウツの確率を覚えておくことで、必要勝率(=オッズ)の計算と結びつき、適切なフォールドとコールを行えます

 

さらに深堀り!インプライドオッズとは

オッズにはさらにインプライドオッズという考えがあります。


インプライドとは「隠れた」という意味で、現時点では見えていない、次のベットで得られうるリターンまで考慮したオッズのことです。

 

インプライドオッズは下記の計算で求まります。

(現在のポット額+相手のベット額+コール必要額+見込みチップ額)/コール必要額

 

(例題)

フロップでポットに100があり、相手から100のベットが飛んできました。


このときに自分はオープンエンドストレートドローでアウツが8枚です。

 

この時の必要勝率は、

100(ポット)+100(相手からのベット)+100(コール)/100(コール)=33,33333….

33%になります。

 

2%と4%の法則を利用すると、この時点では約32%で勝つ見込みがあるということになります。

 

しかし注意しなければならないのが、”インプライド”を考慮しなければならないということです。

 

ストレートを完成した後にも、ポットが増える可能性も考慮して、正しい必要勝率は
100+100+100+100(完成したのちに追加で得られるチップ予想)/100(コール)=25
25%になります。

 

先ほどの必要勝率が33%から25%に下がり、2%と4%の法則を利用したアウツ8枚の目標勝率32%でも十分にコールが可能ということがわかりました。

 

アウツの計算をしていると忘れがちですが、不確定な追加カードが存在している時点ではそのあとに必ずベットチャンスが訪れます

 

必要勝率だけにとらわれすぎないようにしましょう。

 

まとめ

アウツとオッズを覚えることでポーカーを数学的に判断してアクションを下すことができるようになります。

初心者から中級者に上がるワンステップになりますので、しっかり理解して実践でも応用してみましょう。

 

ポイント

・オッズは賭けた金額が何倍になって返ってくるか、その予想倍率を指す

・アウツとは、特定のカードが出た時相手に逆転することができるカードが何枚あるかを指す

・初心者のうちは必要勝率、アウツを使った役の完成確率の早見表を頭に入れよう

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

-中級者

© 2024 ポーカージム Powered by AFFINGER5