中級者

【ラスベガス在住プレイヤーが教える】相手をゲームから降ろすスクイーズ戦略

こんにちは。ラスベガス在住ポーカープレイヤー兼ディーラーのRYUです。ラスベガス滞在3ヶ月目にして合計500万円以上の賞金を獲得、優勝した実績があります。

 

今日はスクイーズの方法を紹介します。

この記事のレベル

  • 対象  中級者
  • 重要度 ★★★★★

ポーカーでは、相手をゲームから降ろしてエクイティを担保したい(=確実に勝ちにいきたい)場面と、

 

そうではなく相手にゲームを継続してもらい、バリューを引き出したい場面などに分かれることがあります。

 

スクイーズは相手をゲームから降ろすのに有効な戦略です。

 

スクイーズを理解することで、自分のエクイティを担保する方法がわかります。

 

こんな人におすすめです!

・プリフロップで複数人残っている時の対処法がわからない

・相手をゲームから降ろしたい

 

それではどうぞ!

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

スクイーズの概要

スクイーズとは

スクイーズ(squize)とは、日本訳で「絞る」という意味です。
プリフロップなどで、自分より先にアクションを行うプレイヤーがレイズを行い、少なくとも一人以上のコールが入っているときに、追い打ちでベットを打ち(3ベット)、他プレイヤーをフォールドさせることをスクイーズと呼びます。

 

スクイーズの目的は、3ベットを行うことにより、相手プレイヤーを脅してフォールドさせエクイティを確保することです。

 

スクイーズが有効になる理由

3ベットは、AJ+、JJ+より強いハンドでないと期待値がマイナスになります。しかし、このAJ、JJなどのレンジの下限近いハンドを持っているプレイヤーは、マージナルハンドという勝てるか微妙なハンドになりますので、スクイーズを行うことでマージナルハンドを持っているプレイヤーをゲームから降ろすことが可能になります。

仮に持っているレンジが推測できないオープンレイザーにコールされたとしても、主導権を継続できます。

なぜなら、オープンレイザーがコールという弱気なアクションを行っているため、オープンレイザーのレンジの上限が推測されてしまいます(例:おそらくAAは持っていないだろう)。

そのため、オープンレイザーのレンジがキャップされたことで、次ラウンドのフロップでは、オープンレイザーがベットを行おうにもドンクベットになるため、高い割合でチェックを行います(ドンクベットは一般的に行われないため)。

すると、ターンまでカードが見れる割合が高くなり、勝率実現(アウツがめくれる)が高いアドバンテージを生み出せます。

 

スクイーズを行う際に適切なベットサイズ

スクイーズをする際のベットサイズは、アクションが後ろ手に回るポジションが有利なインポジションの場合、リレイズ額は前の人が行ったベット額の約3倍、アクションが先に回るポジションが不利なアウトオブポジションの場合、リレイズは約4倍、コーラーがいる場合はコーラーの人数+ポジションの倍率でスクイーズを行えば基本的に問題ありません。

 

スクイーズの計算方法

6MAXの1/2$のテーブルの状況で、あなたはBTNにいます。

LJが3BBにオープンレイズ後、HJがコール、COがコール、アクション機会が回って来ました。この時のスクイーズのベットサイズを求めます。

 

LJ   レイズ  3BB

HJ  コール  3BB

CO  コール 3BB

BTN ?

SB   ?

BB   ?

今回はBTNで、アクションが後ろ手に回る有利なインポジションにいます。

そのため、スクイーズするときのベット額は3(インポジションのため)+2(コール人数)=5の約5倍で、3ベットを行います。

 

スクイーズが有効なハンド

スクイーズの目的は相手を降ろすことです。

相手にゲームを降りてもらうことが目的の場合、スクイーズを行うことは適切ですし、一方でマルチウェイ(対戦相手が3人以上の複数人となること)で、相手にゲームを継続してもらい相手からバリューを引き出すことが目的の場合はスクイーズを行うことは控えた方が良いです。

 

すなわち、スクイーズが有効になるのは、当然自分の持っているハンドがスクイーズを行うだけの説得力がある、すなわち強いハンドを持っていて相手を降ろすことができるほどの説得力がある場合になります。

 

そのため、スクイーズに向いているハンドはヘッズアップに強いKJoやAQ+、TT+等のカードになります。

逆にスクイーズに向いていないハンドは、56sや66等の強力なセットが完成した際にマルチでも戦える手札になります。

 

スクイーズを行うのに適している場面

スクイーズを行うのに適している場面は大きく下の2つに分かれます。

 

相手プレイヤーがルースなとき

②自分がタイトだと思われているとき

 

詳しい理由を解説していきます。

 

相手プレイヤーがパッシブなとき

パッシブなプレイヤーは強気なベットが飛んでくるとすぐにフォールドしてしまいます。そのため、スクイーズを行えばすぐにフォールドしてもらえるでしょう。仮にコールされたとしても、レンジアドバンテージがあります。

また、タイトな人も3ベットに対抗するには上位レンジ5%でしか対抗しないためフォールドが増えます。

 

自分がタイトだと思われているとき

自分がタイトなプレイヤーだと思われているとき、手堅いハンドでしかゲームに参加しないと思われています。この場面でスクイーズを行うと、相手から見れば相当強いハンドを持っているのではないかと思わせることができるため、スクイーズが有効になります。

 

スクイーズを行ってはいけない場面

スクイーズを行ってはいけない場面は、スクイーズを行うのに適している場面の反対です。大きく下の2つに分かれます。

 

①自分がルースだと思われているとき

②相手プレイヤーがタイトなとき

 

詳しい理由を解説していきます。

 

自分がルースだと思われているとき

スクイーズの最大の目的は相手を降ろすことで、自分のエクイティを確保(=確実に勝ちにいくこと)することです。しかし自分がルースなプレイヤーだと思われている場合は、相手にコールされゲームが継続してしまいます。

ゲームが継続すれば当然相手に勝つチャンスが与えられてしまうため、自分がルースなプレイヤーだと思われているシチュエーションではスクイーズを避けましょう。

 

相手プレイヤーがタイトなとき

相手がタイトなプレイヤーの場合、かなり強いハンドを持ってゲームに参加している可能性が高いため、必然的にフォールドする確率が低いです。この場合は無理せずコール、フォールドを選択しましょう。

 

まとめ

プリフロップで、複数人のプレイヤーが参加する場合、状況に応じたベットとベット額を打つことができれば、より安定してエクイティのを確保することができます。

 

ポイント

相手がタイトなときは成功確率が下がる、相手がルースなときは成功しやすい

スクイーズをするときのベットサイズはポジションとコール人数で判断

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

-中級者

© 2024 ポーカージム Powered by AFFINGER5