中級者

【ラスベガス在住プレイヤーが教える】敵のスタックを削りとれ!最強のスチール戦略

こんにちは。ラスベガス在住ポーカープレイヤー兼ディーラーのRYUです。

 

今日はスチールが有効なシチュエーションとスタック量のおすすめを紹介します。

この記事のレベル

  • 対象  中〜上級者
  • 重要度 ★★★★★

 スチール戦略はトーナメントで有効な戦略です。

 

スチールを正しく理解しないと、逆に相手からチップを搾り取られる可能性があります。

 

そのため、スチールを行うべきシチュエーションやタイミング、スチールを仕掛けるべき対戦プレイヤーの特徴を正しく理解しましょう。

 

この記事を読めば、具体的にどのハンドレンジでスチールができるのか、自分や対戦プレイヤーがどのくらいのスタック量のときにスチールできるのかを理解することができます。

 

ハンドレンジ表はダウンロードして使うことができるので、トーナメント前に印刷して復習してみてください。

 

こんな人におすすめです!

・いつスチールをすべきなのかわからない

・スチールが有効なプレイヤーがわからない

・どの程度の額をベットすればスチールが通るのかわからない

それではどうぞ!

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

スチールとは

スチールって何?

スチールとは、英語で「盗む」という意味です。 

 

プリフロップでレイトポジションからオープンレイズし、SBとBBをフォールドさせることで、SBとBBの強制参加費であるブラインドを奪うことを指します。  

 

こうすることで、SBとBBのスタックを削り、また自分はSBとBBのブラインド1.5BB(+アンティ)を奪うことで、トーナメント後半に有利になります。

 

注意点として、スチールを行っても他プレイヤーが強いハンドや役を持っていれば、当然コールまたはレイズを返されてしまいます

 

この場合、スチールをしたことで逆にチップを多く失いかねません。

 

そのため、スチールを行うときは他プレイヤーが確実に全員フォールドするかどうかを見極めなければいけません。

 

だからこそ、スチールをする場合は、自分が後ろの方のポジションかつ、自分より前のプレイヤーが全員ゲームから降りていて自分が初めてベットする状況が必要なのです。

 

スチールを行う目的

スチールは主にトーナメントでとられる戦略になります。  

 

アンティが発生するトーナメントでは、勝負の終わりになると1BBですらゲームの勝敗を分ける重要なスタックの1部になります。  

 

スチールを駆使して相手のチップを奪いにいかないと、スタックが足りなくなりジリ貧になってしまいます。    

 

そのためトーナメント終盤では特に相手からチップを奪うスチール戦略を行うことが非常に重要になります。  

 

スチールをすべきタイミング

どのポジションからスチールできるのか?

スチールを行うベストポジションはCOやBTNなどのレイトポジションと呼ばれる後ろの方のポジションです。

 

AKやAQなどの強いハンドは当然として、A2sやK5sのような比較的ハンドバリューが低いハンドでも、積極的にスチールをかけにいくことができます。

 

自分がどのようなシチュエーションならスチールできる?

タイトだと思われているとき

画像:トーナメントで25BBのスタックを持っている状態で、ボタンからオープンレイズするときのハンドレンジ 
赤:オープンレイズ 緑:リンプイン 青:フォールド pdfダウンロード

 

対戦プレイヤーから自分がタイトなプレイヤーだと思われている場合は、自分がオープンレイズしたときに、相手が降りやすく、スチールが成功しやすいです。

 

この画像が指すハンドレンジはあくまでGTOが出すオープンレイズに最適なハンドレンジです。

 

そのため実際の戦いの場面では、相手からタイトだと思われている場合、このレンジより広いレンジでスチールすることが可能になります。

 

相手がどんなシチュエーションならスチールできる?

相手がタイトなとき

相手が非常に高い頻度でフォールドを繰り返すプレイヤーの場合、より積極的にスチールを仕掛けると良いでしょう。

画像:トーナメントで25BBのスタックを持っている状態で、ボタンからオープンレイズするときのハンドレンジ 
赤:オープンレイズ 緑:リンプイン 青:フォールド pdfダウンロード

 

具体的には、このレンジ表よりも広いレンジでスチールすると良いでしょう。

 

K5oや78o、34sなども選択肢に入れてスチールすることをおすすめします。

 

相手のフォールド頻度が高ければ高いほど、こちらのスチールのレンジは広げるのが正解です。

 

相手が十分にコールやレイズを出来ていないと感じたら搾取(エクスプロイト)していきましょう。

 

特に、トーメントのバブル直前はよくフォールドするため、スチールのレンジを広げるのがおすすめです。  

 

エクスプロイト戦略の記事についてはコチラ

 

スチールをしてはいけないタイミング

自分がどんなシチュエーションならスチールしてはいけない?

自分のテーブルイメージがルースなとき

画像:トーナメントで25BBのスタックを持っている状態で、ボタンからオープンレイズするときのハンドレンジ
赤:オープンレイズ 緑:リンプイン 青:フォールド pdfダウンロード

 

対戦プレイヤーから自分がルースなプレイヤーだと思われている場合は、自分がオープンレイズしても、相手にコールを返されてしまいスチールが失敗してしまいます。

 

そのため、この画像のハンドレンジよりも狭いハンドでオープンレイズしないと、コールを返されてしまい、スチールどころかチップを減らしてしまうことになりかねません。

 

自分のテーブルイメージがルースなときはスチールが失敗しやすいので、ハンドバリューの低いハンドは素直にフォールドした方がよいでしょう。

 

相手がどんなシチュエーションならスチールしてはいけない?

相手がルースなとき

対戦プレイヤーが何でもコールするルースなプレイヤーのときは、スチールをしかけてもすぐにコールで返されてしまい、リスチールが失敗することになります。

 

相手がコーリングステーション(=何でもコールするプレイヤー)のときは、ハンドバリューの低いハンドでスチールを仕掛けるのは避けましょう。

 

テーブルがルースなとき

全体的に、テーブルにルースなプレイヤーが多いときチールするのは辞めましょう

 

こちらも先ほどの理由と同じで、すぐにコールされてしまう環境では、スチールをしかけてもすぐにコールで返されてしまうからです。

 

コールされやすい環境か否かがスチールを成功させる上で重要なポイントになります。

 

チップ量がどのぐらいのときスチールしてはいけない?

相手のチップが多すぎるとき(M値≧15)

対戦プレイヤーのチップ量が、M値で計算したときにM値が15以上になる場合は、スチールを仕掛けるのはやめましょう。

 

これはスチールを行っても、相手のチップ量が潤沢なため、すぐにコールまたはレイズで返されてしまうからです。

 

M値の計算方法はコチラの記事で解説しています。

 

自分のチップが少なすぎるとき(M値≦6)

自分のチップ量が、M値で計算したときにM値が6以下になる場合は、スチールを仕掛けるのをやめましょう。

 

そもそもM値が6以下だとオールインするかしないかの二者択一の状況になるので、スチールを行える状況ではありません。

 

これはスチールを行っても、自分のバックスタックが少なすぎるため、簡単にコールされてしまう、またはレイズを返されるとオールイン勝負になってしまうからです。

 

M値が6以下だとジリ貧な勝負になるので、他プレイヤーの誰かが飛んでプライスジャンプのチャンスがあるときは、良いハンドが来るのを待ちましょう。

 

または、プライズが確定していないときは、パワーナンバーを元にオールインしましょう。

 

パワーナンバーはコチラの記事で解説しています。

 

どのくらいの額をベットしたらスチールが通るの?

スチールはレイトポジションだと決まりやすくなります。

 

後ろに控えているプレイヤーが少なくなり、レイズに対してコールできるハンドを彼らが持っている確率が低くなるためです。

 

自分のポジションがボタンの場合、2.5BB〜3BBを目安にベットすると良いでしょう。

 

まとめ

まとめると、ポジションはレイトポジションからスチールすることができます。自分がタイトなプレイヤーだと思われているときにはスチールが通りやすいです。

 

しかし簡単にコールをされてしまう環境のときにはスチールが効きにくいです。

 

ポイント

・スチールは他プレイヤーが必ず降ろすことが目標→自分より前のポジションが全員フォールド済&レイトポジション

・タイトに思われているときはスチールが通りやすい

・コールするプレイヤーが多いテーブルではスチールが通りにくい

 

スチールを行おうとしたプレイヤーに対しさらにレイズを返す「リスチール」という概念があります。 リスチールの記事もぜひ参考にしてください!

【ラスベガス在住プレイヤーが教える】スタックを削り返せ!最強のリスチール戦略

こんにちは。ラスベガス在住ポーカープレイヤー兼ディーラーのRYUです。   今日はリスチールとスチールの違い、リスチールが有効なシチュエーションを紹介します。 この記事のレベル 対象  中〜 ...

続きを見る

 

ライン公式アカウントでは、ラインでしかお伝えしていない有益情報を定期配信しています。

ぜひお友だち追加してください!

-中級者

© 2024 ポーカージム Powered by AFFINGER5